小笠原へ行くために

こんにちは。

 

小笠原の父島から帰ってきました。

小笠原諸島?父島?

名前は聞いたことがあるけれど、

どこにあるんだっけ?

そういう方も少なくないと思います。

私も行こうと思うまでは全く知らない場所でした。

 

小笠原諸島は東京から南に約1000㎞

なんともピンとこない距離ですが…

Googleマップで調べると、東京⇔鹿児島が直線距離で約1000㎞です。

ちょっと感覚がつかめますか?

 

東京から父島までは船で24時間の旅です。

丸1日海の上を漂いやっとたどり着けるのが

父島なのです。

船以外の交通手段はありません。

しかも父島行きの船は大体1週間に1往復しかしません。

父島行きの船に乗ったら、とりあえず3日は島を出られません。

 

ちなみに東京から鹿児島までは飛行機で2時間。

ちゃんと東京駅出発、羽田空港から鹿児空港、鹿児島駅と考えても

4時間30分で到着できます。

 

これが小笠原が日本で一番遠い場所と言われている理由です。

確かにこのご時世、24時間あれば乗り継ぎを考えても

日本の裏側ブラジルまで行けてしまいますもの。

 

でも小笠原諸島はその時間を作ってでも、

行く価値のある場所だと思っています。

美しい海、山の風景。

穏やかな雰囲気の村。

1度行ったらもう一度行きたくなる不思議な場所です。

 

さすがに父島へ旅行に行くにはいつもよりも

ちゃんと計画を立てていかなければなりません。

 

以下、父島へ上陸し帰ってくるための準備を紹介します。

  1. おがさわら丸の時刻表を調べる
    まず大事なのはおがさわら丸の予定を調べることです。

    前述したように、おがさわら丸は毎日運航はしていません。
    いつ東京を出航して、いつ東京へ入港するのかチェックをしてください。
    夏季は着発便といって父島に入港したその日に出航する便もあります。
    また1.2月などは逆に便数が少なくなったりするので
    注意が必要です。

    父島行きの船は小笠原海運のみ運行しています。
    http://www.ogasawarakaiun.co.jp/

  2. 仕事の休みを調整する
    おがさわら丸の予定はチェックできましたか?
    そしたら自分の予定をおがさわら丸に合わせます。
    1週間まとまった休みが取れるように頑張りましょう。

    もしも2週間時間を作ることができるのなら
    ぜひ2航海してきてください。
    おがさわら丸が東京へ向かうと観光客がほとんどいなくなり、
    いつもの父島の様子をのんびり見ることができます。
    私は2航海できないですが、
    時間がある方はおすすめです。

  3. 小笠原海運で船の予約をする。
    自分の予定が確保できましたね。
    それでは小笠原海運へ連絡をして船の予約をしましょう。
    去年からインターネットで予約できるようになりました!

    http://www.ogasawarakaiun.co.jp/
    その他、直接電話をしたり、旅行代理店で申し込んだりと
    いろいろ方法はあります。
    当日購入という方法もありますが、ちょっとリスクがありますね。
    また宿やツアー会社によってはおがさわら丸の予約ができていることが
    申し込み条件になっていることも少なくありません。
    ここは素直に予約をしておきましょう。

  4. 宿の予約を取る
    船の予約ができたら宿探しです。
    これも予約をするのがベターです。
    小規模の民宿が多く、キャパシティーは大きくありません。
    アットホームな民宿が多いので宿も一つの楽しみです。

    小笠原諸島は数年前に世界遺産登録されたため、
    観光客がとても増えました。
    夏などの繁忙期には早めに予約をしないと宿を探すのも
    一苦労になってしまいます。

ここまでできれば父島上陸できます!
あとはご自分の好きなアクティビティを探して
ツアーの予約をして出発です。
 
旅行の様子はまた改めて記事にしたいと思います。
 

徳島ひとり旅3日目

こんにちは。

いよいよ最終日になりました。

今日のメインイベントは「藍染体験」です。

まさにhands on!

 

徳島は藍染が有名で、県内にはいくつか染め体験ができる工房があります。

私は旅行に行くときは、自分で作ることを体験するようにしています。

今までもガラス吹き体験や絵付けなど手作り体験をしてきました。

でも、染めは初めてです!

 

今回の体験工房は持ち込みOKだったのでこれを染めたいと思います。

f:id:hands-on-japan:20170630083310j:plain

麻のシャツです。

化繊は染まらないとのことなので、素材は綿や麻、毛などが良いようです。

これからのシーズンに使えるように麻のシャツにしました。

 

工程は写真なしです!

水を使う作業でカメラが全然使えませんでした…

 

まず水にさっと濡らします。

そのあとに染料の入った浴槽のような中にじゃぼんと入れます。

染むらができないように染料の中で丁寧にこすります。

えりや袖口は生地が厚いので念入りにこすります。

 

3分くらい作業をしたらシャツを上げて

流水ですすぎます。

とっても不思議なのですが、流水ですすぐとみるみる色が変わります。

薄いですがとてもきれいな藍色なのです。

 

十分にすすいだらハンガーにかけて空気にさらします。

5分くらいしたらまた染料の中につけます。

これを繰り返して好みの色になるまで染めます。

私は5回くらい繰り返しました。

5回目には「しまった、染めすぎた…」とも思いましたが、

色落ちすることや乾くと若干薄くなるとのことだったので

出来上がりを楽しみにしたいと思います。

一度染めたらそれ以上濃くできますが、薄くはできませんから(笑)

 

持ち帰りは濡れたままになるので注意が必要です。

その日、家に帰ったらお湯に酢を入れてゆすぎます。

こうすることで色落ちを軽減することができるそうです。

乾いて完成したのが…

f:id:hands-on-japan:20170630171727j:plain

きれいに染まりました!

満足、満足。

 

染め料は染めたいものの重さで決まります。

このシャツは1600円。

シャツはリサイクルショップで500円で手に入れたので、

藍染のシャツが2100円でできちゃいました。

 

藍染体験の後、飛行機まで時間があったので

徳島市で「ひょうたん島クルーズ」

徳島は砂州の地形なので川がいっぱいあり、徳島の中心をぐるっとできます。

川から見る徳島市はまた一味違った表情を見せてくれます。

f:id:hands-on-japan:20170630092503j:plain

こんな船でクルーズです。

定員は10人くらいで先着順なので

ちょっと早めに集合してもよいと思います。

f:id:hands-on-japan:20170630092722j:plain

川岸は遊歩道になっていて写生会をしていました。

学生さんたちは手を振ると元気よく振り返してくれました。

f:id:hands-on-japan:20170630093036j:plain

眉山も川から見るとまた違います。

この日も天気が良かったので、風を切ってのクルーズは

とても気持ちがよかったです。

このクルーズ保険料200円だけで乗れるので

絶対におすすめします。

ただ潮が満ちて橋の下をくぐれなくなると途中でUターンしますので

注意してください。

 

徳島の川は河口になっても透明度がとても高く水がきれいでした。

感動しました。

f:id:hands-on-japan:20170630093609j:plain

 

以上で徳島弾丸旅行を終わります!

おつきあいありがとうございました。

徳島ひとり旅2日目②

こんにちは。

徳島ドライブの続きです。

 

鯛でおなかを満たした後、

祖谷渓に向かうのですが、ちょっと長い道のりなので

途中休憩がてら寄り道をします。

 

「第九の里」

徳島坂東はアジアで最初にベートーベンの第九が演奏された場所なのです。

坂東には第一次世界大戦時俘虜として日本へ連れてこられたドイツ兵の

収容所がありました。

そこは国際法に則った模範的な収容所であったそうで、

住民との交流もあったようです。

終戦を迎えドイツ兵が故郷へ戻るときに演奏されたのが最初だったとのこと。

映画「バルトの楽園」で予習してきたので背景はばっちりです。

 

今は道の駅として当時の建物が1棟残されているのと、

資料館が丘の上に立っています。

f:id:hands-on-japan:20170629172933j:plain

f:id:hands-on-japan:20170629172957j:plain

 

それでは、ドライブ中の飲み物を買って

徳島道へ。

徳島道は高速道路ですが片側1車線…

このタイプの高速道路は怖くて苦手です…

そうこうしているうちに1時間弱で祖谷渓の入り口へたどり着きました。

 祖谷渓まではくねくねの山道。

道幅も狭くコンパクトカーをレンタルしてよかったと思いました。

軽でもいいのかもしれませんが、高速道路、山道を考えると

ある程度の力のある乗用車がいいと思います。

f:id:hands-on-japan:20170629173630j:plain

これが祖谷渓のひの字渓谷です。

ひの字が深すぎて私のカメラではお伝えできませんでした。

本当に深い渓谷で、鋭くえぐれているので

下を見ると吸い込まれそうになります。

ここも高所恐怖症の方はあんまり近づけないかと思います。

 

そのまま山道を進むと祖谷のかずら橋入り口になります。

f:id:hands-on-japan:20170629174423j:plain

かずらという植物のつるで編まれた吊り橋。

日本三奇橋のひとつです。

平家物語の時代、源平合戦に敗れた平家が四国の山奥まで逃げてきたそうな。

追手が来てもすぐに吊り橋を切ることができるように

かずらで橋を作ったと伝えられています。

↑あれ、これから渡ります!

 

f:id:hands-on-japan:20170629174905j:plain

入口。みんなこわごわ渡り始めます。

f:id:hands-on-japan:20170629175021j:plain

景色がきれいですね。

と余裕なのはまだ吊り橋に足を踏み入れていないから…

f:id:hands-on-japan:20170629175115j:plain

足元はこんな感じで高さが結構あるんです。

そして隙間も結構あるんです。

さらに結構揺れるんです。

写真はこれが限界でした。

なにせ片手が離せないもので…

 

 f:id:hands-on-japan:20170629175342j:plain

 徳島は高所恐怖症の方には難易度が高い観光地が多いですね。

これはどのガイドブックにも載っていない発見です!!

 

日が傾いてきたので少し急ぎます。

また山道を走ると大歩危小歩危に出ます。

 

f:id:hands-on-japan:20170629180136j:plain

大歩危小歩危とは急峻な地形から大股で歩いても危ない、

小股で歩いても危ないということから由来するようです。

なんて危ない場所なんだ…

新潟にも親知らず子知らずなんていう物騒な名前の場所がありますが

昔の人は大変だったんだなと思います。

5月はたくさんの鯉のぼりも泳いでいてきれいでした。

 

ここでは川下りができます。

f:id:hands-on-japan:20170630080040j:plain

ライフジャケットを着込んで、船に乗り込みます。

川は清流でとても透明度が高いです。

動いている船からもちゃんと魚が見えますし、

浅い場所になると川底が見えるんです。

f:id:hands-on-japan:20170629180458j:plain

この日はお天気もよくて、汗ばむくらいだったのですが

さすがに夕方になり、川で船に乗っていると肌寒くなってきました。

 

大歩危小歩危から徳島市までまた車を走らせて

本日の予定は終了です。

走行距離約250㎞

これで海から山までぐるっと回りました。

でも思ったよりもそれぞれの場所でゆっくりできた気がします。

 

自分の住んでいるところに比べると徳島は面積が狭いのがよくわかります。

さすがに250㎞は結構走ったなと思いますが、

途中高速にものったので距離としてはこんなもんかなという感想です。

 

お天気もよくて気持ちよくドライブができました。

 

 

徳島ひとり旅2日目①

こんにちは。

更新がだいぶ遅れてしまいました。

すでに次の旅の準備をしているので、

徳島旅行を急いでまとめたいと思います。

 

前回に引き続き徳島ひとり旅の2日目です。

2日目はレンタカーを借りて1日中ドライブです。

 

まず向かったのは鳴門海峡

ぐるぐると回る渦潮をみたくて出発しました。

この渦潮、潮の満ち引きによって現れるので

満潮、干潮の時が見ごろなんだそうです。特に大潮の日は大きく渦を巻くそうです。

この日の満潮は午前9:30

前後1時間は渦潮を見ることができるそうなのですが、

なにせ自然のものなので、日によってまちまちとのこと。

 

カーナビ通りに行くとどうしても有料道路に誘導されますが、

車を借りたところのお姉さんに

「一般道で行けます。」

と言われました。

有料道路を使うとどれくらい早くなるのかわかりませんが、

徳島駅近くから45分くらいで鳴門の駐車場につくことができました。

駐車場から少し歩いて「渦の道」へ向かいます。

橋の上から渦潮が見られるのです。

f:id:hands-on-japan:20170629164400j:plain

下がガラス張りのところもあり、高所恐怖症の方は難易度が高いかもしれません。

こういう場所は男性より女性の方が得意なんですよね。

ご夫婦で来ている方も多かったですが、

奥様の方が割とスタスタ進んでました(笑)

 

この日の渦はちょっと小ぶり…

でも、潮の満ち引きで渦ができていることを考えると

自然の不思議を感じました。

近くに資料館もあるので、入ってみてもよいかもしれません。

 

※この日飲みに行った居酒屋さんで地元の人から渦潮についてお話を聞きました。

 「やっぱり観潮船に乗らないと迫力ないよ~

 観潮船から見るとぐるぐるしてるのがよくわかるから。

 でも、橋(鳴門大橋)ができたら潮の流れが変わったから、

 渦も小さくなったんだよな~。」

とのことでした。

これはもう、観潮船に乗らなくてはと思い、徳島リベンジを誓ったのでした。

 

お土産物屋さんに声をかけられますが、

私はスルーをしてお目当ての鯛を食べにまた車を走らせます。

徳島の鳴門鯛

潮の流れが速い鳴門海峡でとれる真鯛はとてもおいしいらしい

ということで漁港近くのお店へやってきました。

観光情報誌にも載っている有名店。

「びんびん家」

f:id:hands-on-japan:20170629164936j:plain

11時くらいだったのですが、すでに外まで人が並んでいました。

でもここはおひとりさまの強みを発揮して、前のグループをごぼう抜きです!

必殺「相席」!!

一人分なら空いているので割とすぐに案内されました。

鯛のお刺身は身がしっかりとしていて、

とてもおいしかったです。

欲張ってお刺身盛り合わせにしましたが、

鯛だけのやつにすればよかったと後悔しています…

お品書きはいろいろありどれもおいしそうなお魚ばかりでした。

f:id:hands-on-japan:20170629171659j:plain

f:id:hands-on-japan:20170629171526j:plain

 

おなかがいっぱいになったところで、

次はいよいよ祖谷渓へ向かいます。

今日はまだまだ走りますよ~。

 

徳島ひとり旅1日目

 

こんにちは。

ひとりで四国に上陸です!

今回は徳島。

お休みの都合上、丸2日の弾丸ツアーとなりました。

 

 なんで徳島?と聞かれましたが、

なんとなくです。

行ったことのないところへ行こうと思ったのと、

新緑のきれいなところに行きたいと思ったのが

理由と言われれば、理由でしょうか。

そんなふうに特に目的もなく徳島へ旅立ちました。

 

 

  • いざ徳島へ

徳島へは陸路だと大阪まで出てバスで入ることもできます。

でも今回は時間がないので、羽田空港まで出て徳島空港へ向かいました。

羽田→徳島はあっという間でした。

1時間くらいで1日10本以上あるので、羽田空港まで出ることができるなら、

空路をお勧めします。

f:id:hands-on-japan:20170512034153j:plain

1日目は夕方に徳島空港について、そのまま市内へ

 

  • 徳島の食べ物

おなかがすいたので、先に食事とします。

徳島の1食目は鶏肉!

阿波尾鳥(あわおどり)という地鶏をいただきました。

ふわっとしてジューシーでおいしかったです。

(夢中で食べて、写真ないです…)

お供は生絞りすだちサワー

DSC_0017.JPG を表示しています

生のすだちが入ってとってもさっぱりしています。

とても気に入ったので、お土産に買ってきました!

 

ほろ酔いのまま眉山に登ります。

駅から徒歩15分ほどで眉山ロープウェイ乗り場につきます。

眉山万葉集にも読まれているとされている、徳島のシンボル的な存在です。

私はこの旅行の前に映画「眉山」(原作:さだまさし 主演:松嶋菜々子)

を観てばっちり予習済みです。

標高はそんなに高くないのですが、

いい感じに夜景を見ることができました。

f:id:hands-on-japan:20170512024725j:plain

夜景は日没くらいに登って、

だんだんとキラキラしてくるのをゆっくりと眺めるのがお気に入り。

この日は空気がもやっとしていました。

 

 

眉山へのロープウェイ乗り場は「阿波踊り会館」という

建物の中に入っています。

そこでは毎日、阿波踊りを鑑賞できるんです。

 夜は夏の阿波踊りで踊っている地元の有名連が

日替わりで踊りを披露しています。

会場を見たときは狭いし、なんだか期待はずれかも…

なんて失礼なことを思っていました。

でも踊りが始まると目が離せなくなるくらい引き込まれました。

迫力?なんか違うな…一体感?

ぜひ見て感じてください!

f:id:hands-on-japan:20170512024739p:plain

 この後、踊り方を教えてもらって一緒に踊れるのですが、

どうも恥ずかしくて前には出られなかったです…

「旅の恥は掻き捨て」

今回のを反省してもっともっと旅を楽しみたいです。

 

以上が1日目の出来事です。

予想よりもずっとずっと徳島が魅力的だったので、

2日目以降への期待が大きく膨らむ初日となりました。

次回はドライブの様子を書いていきたいと思います。

 

ひとり旅について

こんにちは。

突然ですが、私は旅行が大好きです。

 いつも生活している場所から離れて、別のところで

過ごす時間はとてもよい気分転換になります。

 

寺院とか、風景とかは写真でも見た気になれるけど、

やっぱりそこに行って、

実際に自分で見てみると全然違うものになります。

写真の方がきれいなことは往々にしてあるのですが(笑)

でもやっぱりその時の空気や匂いがあってこそ

思い出になるのだと思います。

 

そんなとてもいい体験をできる旅行は

みんなでワイワイ行くのも楽しいけど、

一人で気ままに行くのも楽しい!

 

私の考えるひとり旅の魅力は…

 

  1. 自由に行ける
    友達と予定を合わせたりする必要はありません。
    この日お休みだからどこかに行こうと思ったら、
    すぐに行くことができます。
    行先も自由に決められて、自分の好きな場所に行けます。

  2. 気を使わない
    ほかの人がいるとどうしても気を配らなければなりません。
    どんなに親しい仲でも相手のことを考えます。
    たまに喧嘩をしてしまうことも…
    それはそれで楽しいのですが、
    時には一人で気ままにいきたいというのも本音です。

  3. フットワークが軽くなる
    2人くらいだとあまり気にならないかもしれませんが、
    大人数になるとやはりフットワークが鈍くなります。
    みんなの意見を聞かなければなりませんから。
    一人なら雨が降ったから予定変更!
    明日は宿で教えてもらった場所に行ってみよう!
    などスケジュールの変更もらくちんです。

 

大きくはこんな感じ。

自由で、気ままにというのが最大の魅力です。

では逆に悪いところは何でしょうか?

 

  1. 旅行中楽しいことをシェアできない
    「旅行中に」という所がポイントです。
    旅行が終わって話をすることはできても、
    その場での共有はなかなか難しいです。
    ああ、この感動を伝えたい!と思う瞬間
    一人で来たことをほんのちょっとだけ後悔します。

  2. 旅行費が割高になる
    旅行会社の出すツアーはかなり安いですよね。
    でもあれ、一人だと割増料金を払わないと
    いけなくなる場合があるんです。
    一人の時は個人手配をした方が安くなることも多いくらいです。
    レンタカーなどを借りたりすると、
    当然ですが複数の方が割り勘できるので安くなります。

  3. おひとり様お断り
    2に似ていますが、おひとり様が断られることもあります。
    特に温泉旅館。

  4. 食事に困る
    最初のころは好きなところで食事ができませんでした。
    周りの目が気になってしまって…
    特に夕食はさらにハードルが高くなる気がしたので、
    名産品の入ったお弁当などをホテルで食べることが
    多かったです。
    でもいまはもう一人の食事に慣れたので
    私はあまり困ったポイントにはならないです(笑)

はじめは悪いところの方が目につきやすく

ひとり旅を楽しめないこともあります。

正直な話、私も初めてのひとり旅はあんまり楽しくなかったです(笑)

でも旅行をしたいと思ったときに一人で行くという選択肢を持っていると、

その旅行の幅がぐぐぐっと広くなると思います。

そんなこんなで今はひとり旅は大好きです。

 

私がひとり旅について思ったことを書くことによって

皆さんの選択肢、幅を大きくできたり

ひとり旅を迷っているという人の

背中がおせたらうれしいです。

 

燻製作ってみました

燻製のチーズっておいしいですよね。

私は結構好きで、スモークチーズ食べます。

これ、自分でも作ってみたいなあと思って、

やりたいことリストにアップしていました。

 

そして先日

友人宅をお借りして、燻製を作ってみました。

 

私の燻製のイメージは…

(まったく何も知らない時)

小屋の中に燻製となるものを吊るす

小屋の中全体を燻す

 

(ちょっとだけ知識がついた時)

銀色の燻製器を使ってアウトドアで燻製

みんなでワイワイ

燻製される時間もかかるから

その間もワイワイ

 

みたいな。

上は秋田の燻りがっこのイメージです。

下はアウトドアの写真のイメージです。

 

でも、今回はボール2つと網で燻製をします!

ネットで検索するとヒットするお手軽な燻製です。

 

フライパンでもできるみたいで、本も出ていました。

以下今回参考にさせていただいた本です。

黒田民子著 いちばん簡単な手作り燻製レシピ

山本あり著 黒田民子監修 自宅で手軽に♪燻製生活のススメ

 

  • 準備物品
・ボール2個
・網
・スモークチップ
・アルミホイル
f:id:hands-on-japan:20170418223306j:plain
 
・食材
※今回の食材は初心者向けの練り物、チーズ、ソーセージにしました。

f:id:hands-on-japan:20170418223415j:plain

 

 

  • やり方

・ボールの中にアルミホイルを敷き、

 スモークチップをひとつかみ入れます。

 その上に網をのせ、食材をのせます。

f:id:hands-on-japan:20170418223530j:plain

※チーズは溶けてしまうので、

 クッキングペーパーなどの上に置きましょう。

 この時は溶けてしまい、網にくっついて取れなくなってしまいました…

 

・コンロの上で強火で熱します。

 もくもくちゃんと煙が出てきたら、もう1個のボールで蓋をします。

f:id:hands-on-japan:20170418223549j:plain

 

・弱火にして7分燻します。

 煙が出ていることを確認しながら火の調節をします。

 その後、火を消して10分待ちます。

 この時、蓋を開けるとモワーッとなるので、

 開けたくなっても我慢です。

 

・完成!!

f:id:hands-on-japan:20170418223559j:plain

 

準備物品や、時間を考えると

とってもお手軽に燻製できました。

ただ、燻し具合をつかむのになかなかうまくいかず

試行錯誤が必要だなと思いました。

燻した直後よりも時間をおいて食べたほうが、よりスモーク感が出ます。

 

ボールと網は100均でそろえました。

=300円で準備できます。

スモークチップも500円しないくらいで手に入ります。


その後自宅でもやってみましたが、こつをつかむと

本当に簡単で、そのまま食べるよりもおいしくなるので

休日のおつまみはもっぱらこれになっています(笑)

 

難しそうだと思っていたものも、やってみたら以外に簡単だったことや

本格的でない方法でも楽しめることはいっぱいあると思います。

方法を変えてやってみることも大事だなと思いました。