読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳島ひとり旅1日目

 

こんにちは。

ひとりで四国に上陸です!

今回は徳島。

お休みの都合上、丸2日の弾丸ツアーとなりました。

 

 なんで徳島?と聞かれましたが、

なんとなくです。

行ったことのないところへ行こうと思ったのと、

新緑のきれいなところに行きたいと思ったのが

理由と言われれば、理由でしょうか。

そんなふうに特に目的もなく徳島へ旅立ちました。

 

 

  • いざ徳島へ

徳島へは陸路だと大阪まで出てバスで入ることもできます。

でも今回は時間がないので、羽田空港まで出て徳島空港へ向かいました。

羽田→徳島はあっという間でした。

1時間くらいで1日10本以上あるので、羽田空港まで出ることができるなら、

空路をお勧めします。

f:id:hands-on-japan:20170512034153j:plain

1日目は夕方に徳島空港について、そのまま市内へ

 

  • 徳島の食べ物

おなかがすいたので、先に食事とします。

徳島の1食目は鶏肉!

阿波尾鳥(あわおどり)という地鶏をいただきました。

ふわっとしてジューシーでおいしかったです。

(夢中で食べて、写真ないです…)

お供は生絞りすだちサワー

DSC_0017.JPG を表示しています

生のすだちが入ってとってもさっぱりしています。

とても気に入ったので、お土産に買ってきました!

 

ほろ酔いのまま眉山に登ります。

駅から徒歩15分ほどで眉山ロープウェイ乗り場につきます。

眉山万葉集にも読まれているとされている、徳島のシンボル的な存在です。

私はこの旅行の前に映画「眉山」(原作:さだまさし 主演:松嶋菜々子)

を観てばっちり予習済みです。

標高はそんなに高くないのですが、

いい感じに夜景を見ることができました。

f:id:hands-on-japan:20170512024725j:plain

夜景は日没くらいに登って、

だんだんとキラキラしてくるのをゆっくりと眺めるのがお気に入り。

この日は空気がもやっとしていました。

 

 

眉山へのロープウェイ乗り場は「阿波踊り会館」という

建物の中に入っています。

そこでは毎日、阿波踊りを鑑賞できるんです。

 夜は夏の阿波踊りで踊っている地元の有名連が

日替わりで踊りを披露しています。

会場を見たときは狭いし、なんだか期待はずれかも…

なんて失礼なことを思っていました。

でも踊りが始まると目が離せなくなるくらい引き込まれました。

迫力?なんか違うな…一体感?

ぜひ見て感じてください!

f:id:hands-on-japan:20170512024739p:plain

 この後、踊り方を教えてもらって一緒に踊れるのですが、

どうも恥ずかしくて前には出られなかったです…

「旅の恥は掻き捨て」

今回のを反省してもっともっと旅を楽しみたいです。

 

以上が1日目の出来事です。

予想よりもずっとずっと徳島が魅力的だったので、

2日目以降への期待が大きく膨らむ初日となりました。

次回はドライブの様子を書いていきたいと思います。